製品

3つの事業で、
新たな1ページを描く

およそ1世紀にも渡る歴史の中で、日本の近代化とともに、「日本の産業を支える土台」として発展してきた産業用紙、生活商品。輸入に頼るほかなかった特殊紙の国産化を使命とし、数々の日本初を生み出してきた特殊紙。
インフラを支えるローコストで安定した品質を保つ生産技術と、オンリーワンの付加価値を発揮する、製品開発へのあくなきこだわりが、特殊素材、産業素材、生活商品の3つの分野でシナジー効果を発揮し、「紙」という素材の可能性をどこまでも拡げるとともに、「環境」への負荷低減の可能性も追求しています。

「とくしゅ」だからできるもの

特殊素材

たとえばお菓子の美味しさを引き立てるパッケージ、作品の個性を際立たせるブックデザイン、偽造を防止する有価証券、プライバシーを守る親展ハガキ用紙など。
日本の特殊紙の歴史をつくってきた技術を強みに、5,000種を超える製品のバリエーションで産業や文化を支えています。

「機能」を引き立てるもの

産業素材

採れたての野菜を濡れたままで、また精密な機械を優しく包み込むように、ビジネスが動く現場で求められる機能性の高い産業用紙。私たちは耐水性、撥水性、防滑性、美粧性などの機能強化に加え、お客様のニーズに応えるデリバリーシステムを実現しています。

「いつも」に寄り添えるもの

生活商品

朝起きてコーヒーを入れる。リビングでゆったりと過ごす。キッチンで料理をつくる。生活のあらゆる場面で、さりげなく、しっかりと存在する紙。心地いい肌触り、手触り、そして使いやすさを大切にしながら、豊かな暮らしにかかせない嬉しい紙をつくり続けています。

環境への配慮

古紙リサイクル適性ランク

2017年(平成29年)2月7日の閣議決定による「国等による環境物品等の調達の推進に関する法律」の特定調達品目を表示しています。