ポリシー

基本的な考え方

当社は、常に法令遵守を念頭に置き、グループの企業価値増大に向けた健全な経営管理を行うとともに、株主、取引先、従業員、地域社会などのステークホルダーから信頼、支持され続ける企業であるため、迅速性、効率性、透明性の高いコーポレート・ガバナンス体制の確立と、その強化、充実に努めてまいります。

基本方針

当社は、「特種東海製紙グループ企業行動規範」を定め、企業倫理と法令遵守を徹底するとともに、以下の基本方針に基づき、実効的なコーポレート・ガバナンスの実現に向け充実・強化させてまいります。

コーポレート・ガバナンスに関する基本方針

  1. 株主の権利を尊重し、平等性を確保するための環境整備を行う。
  2. 顧客、取引先、地域社会、従業員等の株主以外のステークホルダーから信頼・信用される良好な関係を維持・継続し、持続的な成長と中長期的な企業価値の創出を図る。
  3. ステークホルダーと建設的な対話を行うため、会社情報の開示にあたっては迅速かつ正確でわかりやすい情報提供に努める。
  4. 取締役会の諮問機関として、社外役員等を中心とした任意の委員会(指名・報酬委員会、コンプライアンス委員会)を設置するなど、経営の監督・監査の実効性を確保する。